アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプーとはそもそも何なのか?

アミノ酸シャンプーってそもそもどういうシャンプーのことを言うのか? 知っているつもりの人も知らないことがあるかも。

TOPアミノ酸シャンプーの疑問や誤解 > アミノ酸シャンプーとは?

シャンプーは何で出来ているのか?

シャンプーの構成要素を大雑把に分けると、

水+洗浄剤+その他の添加物

となります。シャンプーの成分表示を見てもらえばわかりますが、
最初に水が必ず書いてあると思います。

成分表示にはルールがあり、
含有量が多いものから書かなければなりません。
水が最初にきているのは、水が最も多く使われているからです。

注意すべきなのは水の次に書いてある成分。
ここは洗浄成分が書かれています。
どのシャンプーであっても、 水の次に多く含まれるのが洗浄成分だからです。

「アミノ酸シャンプー」というのは、
この洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しているものを言います。

その他洗浄成分にアミノ酸系以外のものを使っているシャンプーが、
「石油系シャンプー」や「石鹸シャンプー」と呼ばれています。

アミノ酸系の洗浄成分とは?

洗浄成分により「アミノ酸シャンプー」と呼ばれていますが、
成分表示に「アミノ酸」と書かれているわけではありません。
アミノ酸系の洗浄成分を以下に書き出してみます。

・ラウロイルグルタミン酸Na
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸Na
・ココイルメチルアラニンNa

アミノ酸シャンプーと呼ばれるものに含まれている洗浄成分は、 この他にもあります。
ただし、アミノ酸系の洗浄成分といえば上の4つが代表的なものです。

アミノ酸シャンプーについて知っておくべきこと

アミノ酸シャンプーについては、いちいち成分を覚えなくてもいいです。
もし気になった時は成分表を見ながら、
スマホ等で調べればだいたいどんな成分かわかります。

それよりも大事なことがあります。
アミノ酸シャンプーとひとくくりにしていますが、
それぞれのシャンプーにより全く成分が異なるということです。

アミノ酸シャンプーと書いてあるから安心して使えるというわけではないです。
洗浄成分も確かに大切ですが、
一つの洗浄成分で出来ているものは限られています。
アミノ酸系以外の洗浄成分にも注意を向ける必要があります。

時々シャンプーのランキングサイトなんかでも、
信じられないような成分のものが一位になっていたりします。
口コミやランキングに流されないようなシャンプー選びが必要になります。